冬の肌荒れ

冬は肌に関するトラブルが増加する時期で、 その中でも特に多い症状として乾燥肌が挙げられます。
これは肌の表面がカサカサして粉がふいたような状態で『乾皮症』とも言われます。
原因は気温の低下により基礎代謝が落ち、皮脂膜(水分の蒸発を防ぐ)を作る分泌液が減るためです。

また、水分保持機能を持つ角質層が暖かい時期に比べると薄くなったり、湿度低下による空気の乾燥により皮膚からの水分が蒸発しやすくなることも原因として挙げられます。
乾燥肌の状態が長く続くと、角質層の持つバリア機能が低下し容易に細菌やウイルス、 花粉などの侵入を許してしまい、表皮中に存在する神経が刺激されることでかゆみを誘発します。

“肌がカサカサしてきたな…”と感じたら、お気軽にご相談くださいませ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

  • 関連記事はございません。

お問合せはこちらから

ページトップへ

漢方相談