” ゆらぎ肌 “

最近、肌の調子が悪くなったと感じていませんか?
その調子の低下には、季節の変わり目に多い、”ゆらぎ肌”が関係している可能性があります。

ゆらぎ肌とは…温度・湿度の変化にうまく適応できず肌の表面のバリア機能が低下し、一時的に肌が敏感になっている状態のこと。

【秋にゆらぎ肌になりやすい理由】
✓夏の紫外線ダメージでバリア機能が低下しているため
 夏の間に浴びた紫外線のダメージは肌のバリア機能を低下させるため、外部刺激に弱い肌を作ってしまいます。
 「最近なんとなく肌の調子が悪い」「ニキビや肌荒れを起こしやすい」と感じるのも、この変化が関係していると考えられます。

✓湿度の低下が肌の乾燥を招く
 夏は湿度が高くジメジメしていますが、秋は一転して空気が乾燥し始めます。
 この乾燥がさらに肌のバリア機能を低下させ、カサツキやごわつきなどの不調を招きます。
 特に保湿効果の低いスキンケアをしている方は、秋に入り突然乾燥トラブルを起こす傾向があります。

✓花粉がかゆみ・肌荒れを引き起こす
 春に多いイメージの花粉ですが、実は秋にもキク科やイネ科の花粉が多く飛散しています。
 これらのアレルギーを引き起こすと、かゆみや肌荒れなどにつながってしまいます。
 またアレルギー体質でなくても、肌のバリア機能が低下していると過敏に反応し、よく似た症状が現れることがあります。

【秋のゆらぎ肌の対策方法】
✓シンプルな保湿ケアで肌の回復を促進
 肌の状態が不安定な時期に過剰なケアをすることは禁物です。
 過度なケアがかえって肌への刺激となり、肌のバリア機能をさらに低下させる原因となってしまいます。
 不安定なときほど“洗顔”と“保湿”のシンプルなケアで、肌の状態をゆっくり回復させてあげましょう。
 洗顔はたっぷりの泡で肌を傷つけないように洗うこと、化粧品は手のひらで温め優しく浸透させてあげましょう。

秋のゆらぎ肌には、夏の疲れも関係している可能性があります。
刺激の少ないスキンケアとともに、十分な睡眠や休息、バランスのとれた食事なども意識してみましょう。
心身が回復すれば、ゆらぎ肌も改善されやすくなりますよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

  • 関連記事はございません。

お問合せはこちらから

ページトップへ

漢方相談